« オールウェイズスマイル | トップページ

柔軟性を持った発想力

昨夜のサッカー日本VSオーストラリア戦、見応えがありました。オーストラリア相手にアウェーで勝ち点
1は良し、とすべき試合でした。高さに劣る日本選手が嫌がるロングボールによる空中戦を徹底したり、あんなひどい芝のピッチ状態にして、日本の持ち味であるパスサッカーを消す巧みな仕掛けも含めて、オーストラリアのマリーシアが目立った試合でした。

 昨夜の試合後、ザック監督のインタビューにもマリーシアについての発言がありました。
『マリーシア」<駆け引き>が日本サッカーを強くする』光文社新書から戸塚啓さんが出版しています。この本には、ブラジル代表のカカが「日本人には、いい意味でのずるさが足りない」という帯が巻いてあります。

この本でも戸塚さんは、マリーシアが単純に「ずるさ」だけではなく、「柔軟性を持った発想力」であったり、「勝つために必要な駆け引き」とも言えるのではないか、と言っています。だとすると、これはサッカーだけの話ではなさそうです。

今日も午後から金曜(15日)までの研修でコーチングとファシリテーションを行いますが、サッカーや
野球など誰もが近くに感じる事例から、わかりやすく、しかも面白く「柔軟性を持った発想力」や「勝つための駆け引き」も、学びあえたら良いな、と思っています。
では行ってきます。

|

« オールウェイズスマイル | トップページ

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1213209/45634847

この記事へのトラックバック一覧です: 柔軟性を持った発想力:

« オールウェイズスマイル | トップページ