« 2009年12月 | トップページ | 2011年3月 »

2010年1月

松が明けますね。

新年も6日。いかがお過ごしですか。

年末ジャンボも当たらなかったので(3,000円が2枚)、

やはり今年も脳に汗をかきながら懸命に仕事をします。

幸いにも時間に多少のゆとりがあって

あれこれ今後の構想やら妄想やらが浮かびます。

イメージのままだと曖昧なままで形にならないので、

文字にしたり図にしたりということをあれこれやりながら、

さぁ今年も始まったなぁ、と酒とバラの日々からのモードチェンジの最中です。

ところで皆さんはどこに初詣に行かれたのでしょうか。

私は毎年、数カ所のお社に詣でます。

年末にはお礼参りに詣でるので一週間以内に同じお社に行くことになります。

年始にはあれだけの人が詣でるのに年末にはひっそりとしています。

お願いごとをしたならお礼するのが当たり前だとするなら、これはおかしい。

神様だって100円や500円のワンコインであれこれ頼まれても…。

しかも頼みっぱなしでお礼にも行かないなんて善男善女なんて言えないですね。

ぜひ、今年の年末にはお礼参りにも行かれることをお奨めします。

 

今年も複数のお社に詣でていくつかの願掛け「意宣り」をしました(ナイショ)。

欲張りではないので多くはありません。

祈るのは基本的には人のことです。

家族のことや仲間のことなどです。

自分の欲しいものは神様に祈らないのかって?

自分の欲しいものを手に入れるために

神様は人に『仕事』を与えてくれたのかもしれませんね。

写真は愛宕神社です。

Img_2841

どうですかこの急な階段。「出世の階段」と言われています。

詳しくは愛宕さんのホームページをどうぞ。http://www.atago-jinja.com/

私はこの急な階段を休まず息を切らさず一歩一歩上っていきます。

上がりきると「オーケー。イケてるじゃん。まだまだ大丈夫」と思います。

健康であることや高みを目指せることなど、

こうした時間が持てることなどに感謝する気持ちは

おおらかさと自信につながるようです。

祈りは「意宣り」とある宗教家が教えてくれました。

『今年はこんなことをやります、どうぞ見守ってください』と自分の決意を宣言する、

と神様が「あんさんがホンマにしよる、ちゅうなら応援したるわい」と叶えてくれるとか。

なるほど。本気の人はだれでも応援したくなります。

愛宕神社にはNHKの博物館がとなりにあります。

またワインのソムリエで有名な田崎さんのお店もすぐ近くです。

お社に行くのは急な男坂だけでなく、

緩やかな女坂や車で上がれる坂もあるので体調に合わせてどうぞ。

マニアックな方には地図の測量に欠かせない三角点もあるので探してみてください

TVでタモリさんが同じことを言っていました)

何かの機会にぜひお寄りになることをおすすめします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新年あけましておめでとうございます。

2010年になりました。

新たな年も皆様にとって良い年となりますように。

除夜の鐘をNHKで聞きながら

我が家の神棚に新しい年の平穏を祈り、

穏やかなお正月を迎えました。

私は五黄の寅年生まれで年男。

いつのまにか還暦ですが例年と変わらず一つ一つのことに

真剣にマジメに取り組んでいきたいな、と思っています。

今年もよろしくおつきあいください。

 

写真は我が家のおせち。

どうだ、というほどでもないですがなかなかでしょ!

Img_2806 

毎年、我が家のお正月に欠かせないのはひたし豆です。

インターネットでも購入できるのですが、

大晦日にアメ横にある豆の専門店まで豆を買いに行きました。

あの賑わいも下町っ子の私には大切な年末の儀式のようです。

別名が『パンダ豆』と呼ばれる〝くらかけ豆〟も買いました。

一晩、水に浸すとこのようにたっぷり水を含んでこんなに大きくなります。

Img_2834

人も愛されて潤いがあって大きく成長できるできるんだよなぁ、

なんてことを考えました。

その豆をたっぷりの水で茹でます。

茹で上がった豆を冷やし器にあけ数の子を

ザクザクと刻んでソバつゆでもよし、

お醤油でもよし。これがないと正月がきた気がしません。

Img_2821 

今年も二種類の豆とおせち、カニでアルコールもこんなに。(飲みすぎだって)

Img_2823 

できるだけマメにブログをアップするつもりです。今年もよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2011年3月 »