« 江戸前、男前、建前 | トップページ | 八ヶ岳no会った話 »

残暑お見舞い

暦では立秋を過ぎました。残暑お見舞い申し上げます。

2009年も半分が過ぎました。早いものですね。

東京はお盆のこの時期、会社も工場もお休みのところが多く

人も車も大幅に減って、とても過ごしやすくなります。

私は毎年この時期にはお休みを取りません。

どこに行っても人が多い上にハイシーズンで高く、

他の人たちがオフなのでメールや電話もなく

ゆっくり落ち着いた仕事ができます。お休みは来週(ワーイ)

昨日も白金台の我がオフィスで300人を越えるデータの解析をしていました。

山や地中から資源となる鉱物を探り当てることを探鉱(Mining:マイニング)

と言いますが、まさに数値をチャート、グラフにして

じっくり眺めていくと様々なことが見えてきます。

確かのお宝が埋もれているようです。

データマイニングでさらに重要なのは数値で

のデータだけでなく自由記述の定性データです。

それぞれの人たちの声が聞こえます。

愚痴も悲鳴も感謝も提言もあって、その組織を映し出しています。

もっとお互いを知りたい、

コミュニケーションを取っていきたいと言っているようです。

探鉱でお宝が見つかっても原石のままなら使えません。

これをきっかけにチームでうまく資源を活用すると

秋以降に大きな実りが期待できそうだな、という手応えを感じながら、

いつもよりも人と交通量の少ないプラチナ通りを

気持ち良い汗をかきながら家路につきました。

 

今日はお盆の15日。

我が家では1日と15日には神棚の榊(さかき)を新しくします。

罪深いゆえの神頼みでしょうか。

(御利益でサマージャンボ宝くじも1万円が当たりました)

榊は駅前のスーパーなら我が家にも近く、

おまけに中国製だと半値以下の値段ですが、

私は愛用のママチャリで小さな花屋さんまで買いに行きます。

良く陽に焼けた働きもののおじさんの笑顔の「いらっしゃい」。

これが良いのです。気持ちが乗っていてしかも間(ま)がいい。

するとおじさん「お盆だねぇ」と言いながら、真剣に榊を選んでくれます。

前に買った榊も立派で持ちが良かった。

「うん、これが良いや」と独り言のように言って

一対の榊をクルクルっと紙に巻いて手渡してくれました。

それも技といえるくらいの鮮やかな手良さです(やるなぁ)

スーパーでの買い物だとこうはいきません。

自分で榊をバケツから選びレジでお金を払って、

レジ係のおばさん(失礼)の眼も合わせない「ありがとうございます」で完結。

機能的でムダはないけどねぇ…。

まぁ便利と言えば便利ですが、この流れには笑顔もないし会話もありません。

ムダもなければ会話もない。

買うほうも売るほうもフローチャートにそって

動いている人工照明で空調もされた

オートメーション工場のパーツになったみたい。

最近、セルフのレジが出現したのも納得ですね。

 

おじさんとの短い会話や昨日の膨大なデータと併せて考えました。

組織も効率は大事ですが人と人の触れない、

笑顔、善き関係性が大切だよなぁ、とつくづく思います。

対立することではないはずですが、お互いを助け合うことが

当たり前にできることこそ本当のお宝でしょう。

 

この花屋のおじさんは、CSCustomer satisfaction:顧客満足)

なんて知らないだろうけど身につけている接客スキルは最高。

おじさんの人柄で、少しぐらい値段が高くてもスーパーに行かずに

この店に買いにくる固定客、ファンは多そうです。

(おばさんにもてそうだなぁ、見習うか。

でも若いほうが…って、トモダチなら言うかな)

おつりを用意する間にも「さっきさぁラジオでね…」と、

面白い話でクスっと笑わせてくれて、

梅雨の合間の晴れの日みたいに得をした気持ちにさせてくれます。

買い物はこうでなくちゃ、と下町育ちの私は思うのであります。

そこで今日のレシピは キレないで穏やかに〝喜びの切り昆布〟

切り昆布の煮物

材料:

1. 切り昆布

2. ニンジン

3. シイタケ

4. 油揚げ

5. サラダ油

6. しょうゆ

7. 鰹だし

8.

9. みりん

10. 砂糖

11. 一味

作り方:

1. 切り昆布はスーパーで売っている生のもの1パックを洗って水を切ります。

2. ニンジンとシイタケ、油揚げは食べやすい形に切り分けてください。

3. 鍋にサラダ油をひき、ニンジン、シイタケ、油揚げを入れ炒めます。

4. 3に切り昆布を加え炒めます。

Img_2707

5. ある程度4に火が通ったら、しょうゆ、鰹だし、酒、みりん、砂糖を加えて煮汁がなくなるまで煮ます。

6. 好みで一味をふって召し上がれ!

夏は枝豆と併せて。ビールやジン・トニックがいちだんと美味しくなります。

*煮汁はめんつゆを薄めて使ってもいけます。

Img_2708

|

« 江戸前、男前、建前 | トップページ | 八ヶ岳no会った話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1213209/30972785

この記事へのトラックバック一覧です: 残暑お見舞い:

« 江戸前、男前、建前 | トップページ | 八ヶ岳no会った話 »