« 言うてわからん奴は体で | トップページ | 誕生の記憶 »

雨が降り止みません

明日は日食です。

東京では午前11時13分ぐらいとか。

70%の部分日食が見られるそうです。

真昼に突然、太陽が欠けて暗闇になるなんて

天文学の知識もなかった大昔なら、それはビックリしたでしょうね。

何日も前からこの日のこの時間にはこんなことが起きますよ、

とアナウンスされていれば、めったにお目にかかれない天体ショーである

日食を楽しみに待つこともできます。

ところが私たちの人生にはなんの前触れもなくある日突然、

暗闇に陥るようなことも起きます。

日食なら数分もあれば再び光りが射すのに、

いつまでも光が見えないと思えることも起きます。

悲しくてやりきれなくて、どうしようもないことと分かっていても、

いやわかっているからこそ辛くて、

あまりのことに誰かに打ち明けることすらできなくなる。

そんな自分がまた情けなかったり許せない。

萩原朔太郎(はぎわら さくたろう)の詩のように

〝月に吠える〟ことも〝鉄路の果てに迷いきて 破れるまでに嘆く

こともできずに震えながら心をふさいでいる。

悲しみから心をふさいでしまえば光も見えず、呼びかける声も届きません。

大きな悲しみのさなかでは残念なことに誰もその悲しみを癒すことができない。

その人を思いやっていても周りの人は何もできない。

どのような言葉も彼を癒さないことを知っています。

大きな悲しみは時間というフィルターで

ゆっくり、ゆっくり濾しとっていくしかないかもしれない。

そう思うことがまた悲しい。

この涙がせめて彼の気持ちに寄り添うことにつながるのなら、

と思いながら一緒に泣いてくれているように雨が降り止まない。

でも明日は晴れて美しいダイヤモンドリングを楽しみにしている子供たちと、

かつて子供だった人たちに見せてあげてほしい。

2日前に見えた虹です。

P7190302

昨夜、若くして天国に旅立ったTさんの娘さんも

このような虹の橋を昇っていったのでしょう。

心よりご冥福をお祈りします。

|

« 言うてわからん奴は体で | トップページ | 誕生の記憶 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1213209/30642448

この記事へのトラックバック一覧です: 雨が降り止みません:

« 言うてわからん奴は体で | トップページ | 誕生の記憶 »