« はじめまして | トップページ | ブサかわいい »

この言葉づかいヘンだと思いませんか。「…してみたいと思います」の心理って?

今に始まったことではないけど、この頃気になるヘンな言葉づかいに
「…みたいと思います」があります。

例えばテレビ番組でグルメレポーターが話題のラーメンを前にして
「それでは食べてみたいと思います」と言います。
これヘンですね。

目の前にラーメンがあってハシも割って食べるばかりだったら
「それでは頂きます」と言って食べれば良いじゃないですか。   
「食べてみたいと思った」から、そのラーメン屋さんに行ったのでしょう。

また、ある日のテレビでアナウンサーが
「主演俳優の○○さんに伺ってみたいと思います」と言いました。
これも「主演俳優の○○さんに伺ってみましょう」あるいは
「主演俳優の○○さんに伺ってみます」と言えば良いですね。

なぜ、いちいち「してみたいと思う」のだろう。
思わなくてすぐに「〜すれば」良いことなのに・・・・と
違和感を覚えるのは私だけ…。

「〜します」「やってみましょう」
と言い切らない心理にはいったい何があるのでしょうか?

ぜひ、皆様も考えてみてください。


さて、今日のレシピはアンチョビとオリーブとアボカドを使った
「アンチョボ・ディップ」を紹介します。

簡単にできてダイコン、ニンジンなどの根菜や
キュウリやエンダイブなどの野菜に良くあいます。
また、トーストに塗っても美味しく頂けます。

ワイン、ビールならコロナとぴったりです。

材料
アンチョビ 3〜4尾(匹?本?まぁ、ここでは尾でしょう)
オリーブ  10ヶ
* アンチョビ・オリーブとして瓶詰めで売っているものもあります。
キュウリ 1本
ダイコン 1/3本
ニンジン 中くらいのもの1/3本 
アボカド  1ヶ(ほどよく熟れているもの:手にとって柔やかいもの)
食パン   2枚(好みなので6枚切りでも4枚切りでも可ですが8枚切りがカリカ
          リして美味しいかな)
ニンニクのすりおろし 
黒コショウ 適宜

作り方
1. アンチョビとオリーブはできるかぎり細かく切りましょう。
 みじん切りの上、たたいてさらに細かく。
*ブレンダーやフード・プロセッサーに材料を全部入れてサッと仕事を済ませる、
 というのもアリですが、道具を取り出しーの、
 後片付けしーのと考えると包丁とまな板ですませるのは賢いです。
 切り方を変えわざと不揃いにすると食感も楽しめるので、この辺は試してみましょう。

2. アボカドに切れ目を入れ種を取り出します。
 良く熟れているものなら包丁を入れたときにを種も切れているかも。
 スプーンでアボカドの実をすくい取ります。
 小さなお子さんがいるなら手伝ってもらいなさい。
 まるでアイスクリーム屋さんになったようにスクープできるので、喜んでくれるでしょう。
3. 上の1と2をボウルに入れ、よく混ぜます。
 黒コショウ、ニンニクのすり下ろしを加え、さらに混ぜます。
 クリーム状にするもよし、ざっくりと混ぜるのもどちらでも。
4. 食パンをトースターまたはオーブン・トースターでトーストします。
5. 好みの大きさにカットした食パンに3をのせて、さぁ、召し上がれ。
*キュウリやセロリ、ニンジンなどの野菜と一緒に食べても美味しいです。

|

« はじめまして | トップページ | ブサかわいい »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1213209/29568446

この記事へのトラックバック一覧です: この言葉づかいヘンだと思いませんか。「…してみたいと思います」の心理って?:

« はじめまして | トップページ | ブサかわいい »